• Grey Facebook Icon
  • Grey Google+ Icon
  • Grey Pinterest Icon
  • Grey Instagram Icon

Copyright © Godaisan Orchid Nursery. All Rights Reserved.

​ランの里 五台山洋蘭園

〒781-8125

高知県高知市五台山1948-1

Phone: 088-861-5085

    Fax: 088-803-5045

Email:  info@godaisan.com

 ​営業時間 

​月・水・木・金・土・日・祝日

10:00 ~ 18:00

休園日:火曜日・水曜日

​臨時休業あります。

胡蝶

コチョウランは、台湾と中国の一部、東南アジア、オーストラリア北部を原産としています。
主に樹木に着生し直射日光のさし込まない柔らかい日差を好み、風通しの良い場所に着生しています。
贈答用としてのイメージが強い胡蝶蘭ですが、原種としては小型花が多く何代にもわたる品種改良によって現在のような豪華で立派な品種となりました。

胡蝶蘭にはメリクロン苗から栽培された物と、実生苗から栽培された物とがありますが、知っていますか?

 

メリクロン苗とは、植物の生長点から組織を取り出し、無菌培養で親木と同等の品質の苗を供給する技術です。実生苗とは、花の雄しべと雌しべをくっつけて種を作り、その種から苗を作ります。種から作り出す苗のため、一つ一つの苗によって性格や花の雰囲気が変わってきます。
現在では、このメリクロンの技術が一般的で、皆様のもとへ安定した品質の胡蝶蘭をお届けすることが出来るようになりました。

 
「開店祝い」「開業祝い」「就任祝い」「栄転祝い」「退職祝い」「御中元」「御歳暮」「記念日」「長寿祝い」「御供え」等々、幅広い贈答需要にたいへん喜ばれております。

DSC01051_s.jpg

胡蝶蘭は、台湾と中国の一部、東南アジア、オーストラリア北部を原産としています。
主に樹木に着生し直射日光のさし込まない柔らかい日差を好み、風通しの良い場所に着生しています。着生ランのため、鉢で育てるときは乾きと湿りをハッキリさせた水やりで育てると良い結果がでます。

​育て方

大輪系のコチョウランは特に寒さを嫌いますので、人がすごしやすいと思われる場所に置きましょう。
冬期はなるべく15℃以下に下がらないようにしましょう。15℃以下になる場合は、ダンボール箱や発泡スチロールで株全体を囲い寒さから守ってあげてください。
よりよく育てるための理想的な温度は、18℃以上必要です。

​温度

じょうろphoto_00135_s.jpg

基本的には鉢内が乾いてからたっぷり(鉢底から流れるくらい)与えるようにします。
夏場の時期と冬場とでは、鉢内が乾くまでの時間が変わりますので、確認して与えることがポイントとなります。
ギフト用の鉢物はビニルポットのまま植えられているものが多くありますので、それぞれの株元へ水を与えてください。また、空気が乾燥しているときに花や蕾がある場合は霧吹きをします。

​水やり

花と花瓶

それほど強い光線を必要としない胡蝶蘭は、室内の東面か南面に置いて下さい。
戸外で栽培する場合は、春から秋までの間は直射日光を避け50%~70%の遮光下で管理します。
夏場、室内の窓辺であればレースのカーテン越しの光をあてて下さい。サンルームの場合は戸外と同じです。
冬場の夜間、窓辺は低温になりやすいので部屋の中央へ移すか、厚手のカーテンを引くなど冷気が株に当たらないようにして下さい。
花が咲いてる時は、エアコンの風が直接あたらない場所に置くことが花を長く楽しむコツです。また、年間を通して風通しを良くするように心がけます。

​置き場所

肥料

液肥として、春から秋まで2000倍以上に薄めた液体肥料を7日~10日に一度与えます。
元肥として、春の植え替え時などにおよそ1gの緩効性化成肥料を与えます。

​肥料

害虫駆除

戸外で栽培したり、多湿気味の栽培をすると軟腐病や他の病気になりやすくなりますので、定期的に総合殺菌剤を散布して予防を心がけましょう。
季節を問わず葉の裏や、花弁の裏側に白い粉状の虫や、茶色の半球状の虫がつくことがあります。
これはカイガラムシですので市販の薬剤を、葉と植え込み材料に散布して退治しましょう。
そのままにしておくと株がだんだん衰弱してゆきますので、早期発見・早期治療です。

病害虫

IMG_20180926_095942_s.jpg

植え替えに適した時期は、春になります。また、調子を崩した株などは、その都度行います。
ギフトなどで頂いた鉢花は、いくつかの株を寄せ植えにした状態となっていますので鉢から取り出しましょう。
この時、根の状態が悪い物は、植え替えを行います。植え込み材料を取り除き、黒く痛んだ古い根を切り取り、新しい植え込み材料で植えます。植え替え直後1ヶ月間は水を控え、葉水を中心に乾燥気味に育てます。1ヶ月も経つと新しい根が出てきますので、徐々に水やりを増やしてゆきます。

​植え替え

DSC01052_s.jpg

2年ほどで植え込み材料が痛んできますので、それを目安に植え込み材料を取り替えましょう。
胡蝶蘭の花は長く楽しめますが、花を早めに切ってあげることで株の方へ養分がまわり成長が促進されます。

​来年、花を咲かせるワンポイント